乾燥性敏感肌とNMFの関係

皮膚のもっとも表面にある角層には、肌のうるおいを保つための大切な役割りがあります。
肌にうるおいを満たすということは、見た目的にも若々しく見え、美容にも大変良い効果をもたらしますが、この肌が持つうるおいの本来の役割りとは、外部から加わる刺激から身を守るために働いている機能だと言うことが出来ます。
そして、この肌にうるおいを与えている成分は主に3つあります。

ひとつは皮脂で、これは皮膚の表面を脂でおおい、肌に含まれる水分を外に逃がさないようにする働きがあります。
2つ目はNMFと呼ばれている成分で、これは別の呼び方で「天然保湿因子」という呼ばれ方もされています。

肌に含まれている天然保湿因子、NMFが不足してしまうと、やはり乾燥性敏感肌の原因となってしまいます。
天然保湿因子の働きを手助けできるようなスキンケアや生活を送ることが出来れば、乾燥性敏感肌の予防にもなります。

いずれにせよ、過剰なスキンケアや不規則な生活は乾燥性敏感肌を悪化させてしまうだけです。

Posted in 敏感肌の情報 | Leave a comment

乾燥性敏感肌を防ぐには

人間の全身をおおう皮膚の役割り、それは大雑把に言うと外部の刺激から身を守るということにあります。
私たち人間の身体をおおう皮膚は、普段あまりにも見慣れているためなかなか気がつきにくいのですが、この全身を皮膚は人間の立派な免疫器官のひとつで、外部からウィルスなどの細菌が身体に侵入しないように身を守ってくれる役割りを果たしています。

その他にも、身体の温度を調節するための体温調節の役割り、皮膚の表面を潤いで満たし、免疫力を上げ、同時にツヤのある綺麗な見た目にも欠かせない皮脂を 分泌する役割り、そして、血液が失われないようにする役割りなど、外部からの異物をシャットアウトする役割り以外にもこのような様々な役割りを皮膚は持っ ています。

次に乾燥性敏感肌についてご説明します。
生活リズムの乱れによって肌の入れ替わりが阻害されると、乾燥性敏感肌を招く危険性もあります。
肌の角質層がうまく剥がれ落ちず、肌の表面が乱れ、水分をうまく保持できなくなってしまい、乾燥性敏感肌になってしまいます。

Posted in 敏感肌の情報 | Leave a comment

敏感肌にオススメの化粧水の選び方

敏感肌はスキンケアするための化粧水一つとっても選び方があります。
ここでは、そんな敏感肌にお悩みの方々のために化粧水の選び方をお教えしたいと思います。

敏感肌の方は外からの刺激に弱くなっているため、化粧水も無添加のものを選びましょう。

爽快感のある成分は実は肌にとって刺激のある物質であることがあるため気をつけましょう。
特にアルコールなどを配合したものは肌に強い刺激を与えます。

また化粧水の目的は肌に水分を補充することにあります。
ジェルタイプ、リキッドタイプなど様々なタイプが存在しますが、水分が多く浸透しやすいタイプを選ぶといいでしょう。

化粧水単体ではすぐに乾燥してしまうため乳液成分配合のものも効果的です。
しかし、乳液成分配合タイプなどの保湿成分配合の化粧水は肌の状態で細かい調整ができないため一長一短です。

また、高価な化粧水などにありがちなのが使い切るまでが時間がかかる点にあります。
化粧水などの品質保持期限は開封後一気に落ちるため出来るだけ2週間から1ヶ月以内に使い切りましょう。

品質保持期限を過ぎた化粧水などは効果がぐっと落ちるため知らず知らず敏感肌を進行させることもあります。

化粧水でスキンケアを行い敏感肌を予防しましょう。

Posted in 敏感肌の情報 | Leave a comment

敏感肌を予防する生活習慣

ストレスや刺激に氾濫している現代では敏感肌も現代病の一つと言えます。
敏感肌は美容だけではなく、放っておくと健康にも悪影響があるため早目の対策が求められています。

ここでは、敏感肌を予防、治療する生活習慣法について紹介したいと思います。

敏感肌は肌の角質バリアが弱まり、外からの刺激に弱くなっている状態を指します。
角質バリアはターンオーバーを改善し、保湿ケアを行うことで改善できます。

ターンオーバーの改善は、新陳代謝を整え夜に十分な睡眠をとることで行うことができます。
肌のターンオーバーは夜、寝ている際に行われるため寝不足は敏感肌だけではなく肌荒れの原因になるため注意が必要です。

また、敏感肌を改善するに当たり肌の保湿ケアを行うのが重要となってきます。
特に夏や冬は日差しや空気の乾燥など肌にとってダメージを与えることが多くあるため、肌を化粧水と乳液で保湿ケアをすることで傷みにくい肌を作ることができます。

新陳代謝は3食バランスの取れた食事を食べ、適度に運動をすることで改善することができます。

あなたの肌を守るため、まずは生活習慣を見直し健康を守りましょう。

Posted in 敏感肌の情報 | Leave a comment

思春期の敏感肌

思春期は体に大きな変化が訪れているため敏感肌になりがちです。
ニキビが出来やすくなったり、肌が妙にピリピリしたりとします。

しかし、思春期の敏感肌で一番の問題は間違ったケアをしてしまうことです。
通常の大人ニキビと思春期ニキビは原因が違うためケア方法も違いますが、つい本やテレビの対処法を試して失敗する方が多くいらっしゃいます。

ここでは、そんな思春期の敏感肌について対処法をお教えしたいと思います。
思春期の敏感肌の原因の多くは、成長に伴うホルモンバランスの乱れと間違ったスキンケアの2つに分類できます。

ホルモンバランスの乱れは成長ホルモンが関わっており、男性の場合は特に油脂が多く分泌されるため注意が必要です。
女性も月経直前と直後はホルモンが乱れ、油脂の分泌が増えたり、代謝が乱れたりするためいつもより保湿ケアをしっかりと行いましょう。

次に多い原因である間違ったスキンケアは、上記の通り思春期はホルモンの関係で油脂の分泌が増えるため、洗顔に特に力を入れがちです。
ニキビができないようにと洗顔に力を入れ、油とり紙で肌を清潔に保とうとしていると思いますが、肌は適度に保湿力がなければいけません。

若い肌でも水分が奪われればたやすく傷むため、洗顔はほどほどにし、保湿ケアをきちんと行いましょう。
肌の健康は10年先に現れてくるため、若いうちから保湿ケアでしつこい敏感肌から肌を守りましょう。

Posted in 敏感肌の情報 | Leave a comment

敏感肌・乾燥肌、お肌のトラブル対策

肌が荒れやすく、ぴりぴりとかゆみが起きやすい敏感肌と肌がカサカサになりやすい乾燥肌は実は密接な関係があります。
敏感肌も乾燥肌も肌が水分を失いダメージを受けやすくなっているのが原因となっています。

では、何故肌は乾燥しやすくなっているのでしょう?
ここでは、敏感肌の乾燥の原因とその対策について紹介したいと思います。

肌が乾燥しやすくなる原因は主に加齢が原因の多くを占めています。
加齢は人間なら避けることのできない問題で、加齢によりホルモンバランス、新陳代謝によって様々な体の不調が現れます。

その不調は体の表面にも現れ、角質バリアの低下により肌の保湿力が低下しウィルスが進入しやすい肌になり、敏感肌や乾燥肌の原因となります。
そのため、正しいスキンケアと規則正しい生活で肌をアンチエイジングすることが何より大事となります。

肌のスキンケアは、若いうちから気をつけなければなりません。
肌の健康は10年先、20年先に影響が現れるため、若いうちから肌のために保湿ケアや化粧落としを欠かさず行う必要があります。

間違ったスキンケアや過度なダイエット、質の悪い化粧品は肌に悪影響をもたらす可能性があるため、常に現状把握と情報収集を心がけましょう。
また、肌の健康は体の健康から生まれるため、バランスの取れた食生活と適度な運動で体の健康を維持しましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

赤い敏感肌は健康の黄色信号!?

敏感肌は体の抵抗力が加齢や病気で弱まって起きる場合が多いですが、それ以外でもひどい症状で起きる場合があります。
それがアレルギー症状で起きる敏感肌です。

ホコリなどの刺激物質に肌が過剰反応するアレルギーですが、一歩間違うと肌荒れや炎症の原因になるため気をつけなければいけません。
ここでは、アレルギー性の敏感肌とその対策について説明したいと思います。

アレルギーはホコリやどの原因物質は個人によって何の物資にどう反応するのか大きく変わるため、自分の体質を把握することが一番大事です。
敏感肌が中々治らないという方は一度自分の身近の化粧品や石鹸、服などを見直してみましょう。

シャンプーや化粧水など普段使うものの中にもアレルギー物質が含まれることがあります。
また、症状も急性のものだけではなく、緩やかに肌を敏感肌にするなどタイムラグがある場合もあるため、場合によっては原因が判明しづらいときがあります。

アレルギー性の敏感肌の場合、特徴を伴った症状が現れるケースも存在します。
重度のアレルギー性敏感肌の場合、強いかゆみ、炎症、水泡などがあらわれ、肌を通して体内に吸収され体調不良を起こす場合もあります。

そのため、しつこくて肌が赤くなる敏感肌の場合、早めに皮膚科の医院に相談するといいでしょう。あなたの美肌を健康を守るために、敏感肌に注意しましょう。

Posted in 敏感肌の情報 | Leave a comment

肌に優しい正しい洗顔法

毎日きちんと欠かさず洗顔を行っているのにニキビや乾燥肌に悩まされている方、いらっしゃいませんか?

それは間違った洗顔で肌が敏感肌になっている恐れがあります。
ここでは、そんな方々のために肌に優しい正しい洗顔法について紹介したいと思います。

肌に汚れや化粧残しが残っている場合、酸化し細菌の温床になります。
ニキビや肌荒れの原因となり、ひどい場合は大きなニキビ跡やアトピーになることもあるため、

肌の清潔感は肌を守る上で重要となってきます。
しかし、肌の洗いすぎも肌にとっては良くありません。

皮膚の表面にある皮脂は肌の潤いを守る保湿成分であり、必要以上に油脂を洗い流すと肌は乾燥しやすくなります。

また、強い力で肌をこすると肌にうっすらと傷がつき、角質が弱まるため注意が必要です。
使う洗顔料も、洗顔用のものを使いましょう。

顔の皮膚はデリケートであるため、石鹸は洗浄力が強すぎるため石油系の洗浄成分などが無添加な洗顔料がオススメです。

洗顔後は肌の油脂が失われているため、化粧水と乳液で肌を保湿ケアをすると敏感肌の予防に効果的です。
あなたの肌を守るために正しい洗顔を行いましょう。

Posted in 敏感肌の情報 | Leave a comment